自炊は節約~本格料理風やちょっとしたこだわりも~

“ わたしは今年の5月に結婚したばかりの新米主婦である。夫は入社2年目でお給料が多くはないため、毎日節約に励んでいる。その中で最も力を入れているのが、食費の節約である。食費を節約するためには自炊が欠かせない。わたしは大学生まで実家暮らしであり、一人暮らしも1年しか経験がない。そのため、料理のレパートリーが少ないが、毎日自炊することを心掛けている。しかし、主人はあまり食費を節約することを快く思っていない。そのため、ちょっとした工夫で節約料理でも本格料理のように見せかけたり、安い食材にちょっとした工夫をしたりすることによって、主人に不快な思いをさせることなく食費を節約している。たとえば、市販のカレールーに少しだけクミンを加えることで、本格的なカレーになる。また、節約の味方である鶏胸肉は、塩水に漬けこんでおくことでお肉がしっとりし、胸肉独特のパサパサ感をなくすことができる。
 また、わたしは調味料にちょっとしたこだわりを持っている。それは、「化学調味料や添加物がなるべく少ないものを選ぶ」というこだわりだ。食費の節約のためには安い調味料を買うべきなのかもしれないが、家族の健康のため、調味料だけは化学調味料や添加物が少ないちょっといいものを使用している。これらのちょっといい調味料を使用することで、味が本格的にもなる。
 これからも食費の節約方法を勉強しながら、食費の節約を頑張っていきたい。”

女子力が高い自分である為に。男受けする高度なお洒落は必要ない

“女性はいくつになっても綺麗でいたい、可愛くありたいと思っていると思います。私は今年35歳になりますが、最近更にそう思うようになりました。今現在結婚して子供が二人いますが色々な母親と交流する機会が増え、その度に思うようになりました。同じ年齢でも女子力の高い人や子育てに一生懸命になり女子力を忘れてしまっている人など色々な人がいます。
とは言え、独身の頃のように男受けするメイクや高度なお洒落をしたいと頑張っている訳では無く、 30歳を過ぎると年齢よりも若く見られたいとか、同じような年代の女性から見てこの人は女子力が高いと思われたいのです。20代は男受けをするお洒落を意識し、高度なメイクや服装を心掛けながら雑誌を見たりネットで検索したりしていました。今はあくまでも女性目線や自分の好きな格好で公共の場でも浮いて見えないお洒落を心掛けています。結婚して子供がいて、自分の事に費やすお金や時間が無くても、若々しくいたい、綺麗な自分でありたい。と思っています。”

男性の自炊にお勧めの単純レシピ

自炊に男性も女性もありませんが、単純なレシピをいくつか用意しておけば非常に便利です。男性の場合、女性よりも食べる量が多くなりがちなので、できれば安くて単純で腹持ちの良いレシピを利用したいところです。そうした都合の良い自炊の基本はご飯です。パンや麺類を食べることがあっても、基本的にはご飯を中心としたメニューのほうが腹持ちもよく安上がりです。例えば、炊き立てのご飯に卵を混ぜて、これを納豆や福神漬け、柴漬けなどと食べるだけでも、肉とスパゲティ、レタス一枚だけの弁当などよりも多くの食品を摂取することができます。ご飯を炊く前に、炊飯器にグリーンピースや小さく角切りにしたサツマイモとニンジンなどを入れて炊けば、さらに多くの栄養素を取ることができます。ソーセージやハム、焼き豚などはそのまま食べられる物も多いので、野菜の炊き込みご飯と一緒に食べてたんぱく質も摂取するように心がけます。自然解凍で食べられる冷凍食品や冷奴、卵豆腐なども、調理をせずに食べられますから、そうした安価で栄養豊富な食品を上手に利用して品数も増やすことができます。

栄養度外視がちの学生におすすめのレシピ

“料理のレシピと栄養についての記述を行います。
レシピとは料理を行う上で必要な食材や調味料、手順などを記載したものです。書籍の他にインターネットや情報番組などでも確認することが可能です。インターネットを使用する場合には食材や料理名、味付けのテイストなどから検索可能なものもあります。そういったものを活用することで簡単に栄養のバランスを取ることが可能です。
特に一人暮らしを行っている学生などは時間や金銭で面での負担から栄養度外視の食生活に陥るケースが多いです。栄養度外視を行うことは栄養の欠如や体調不良の一因となる可能性もあります。
学生時代は勉学やバイト、遊びなどと多忙な時期でもあります。時間をかけずに栄養バランスを整えたい場合にはカット済野菜を使用する、惣菜がメインだとしても野菜を採れるように心がけることなどがお勧めです。栄養バランスのとれた食事は長期的に健康な生活を送る上で有益です。特にビタミンCなどの食事からでしか摂取することの出来ない栄養素などには注意が必要です。”

自炊で本格的に料理を始める

近年、食費を抑える目的や外食続き、趣味として自炊を行う男女が増えています。特に男性が料理を本格的に始めている傾向にあり、一人暮らしの若い男性や第二のライフスタイルの1つとしてシニア世代の男性も料理に目覚め、自炊生活を始めていらっしゃいます。和食・洋食・中華などのカテゴリーがある中、本格的な味わい・見た目にこだわったプロ級となる料理を作るのも家庭的な味を求める女性に比べ、こだわりが強い男性の割合が多いのも実情として挙げられています。自炊においても妥協することがなく、調理器具から食材に至るまでこだわり仕様で、味の決め手となる調味料に関しても全国各地のご当地ならではの調味料を利用しています。例えば、塩1つ挙げても、栄養素をはじめ、粒の大きさも異なり、塩気が強く感じるものや色味も様々です。近年では、海外を含めて和食が特に注目されるようになり、自炊においても本格的に調理されており、ご飯を炊くにしても水や米にこだわり、汁物も出汁や味噌にこだわっています。煮物も煮崩れしないための面取りや、味が染み込みやすい隠し包丁を入れるなどの仕上がりを意識したり、焼き物に関しては盛り付け時に上になる方から焼き目をつける手順など、プロ並みの仕上がりで手作りしています。簡単なレシピこそが味付けなどで仕上がりが左右されやすく、難しいと言われており、例えば、だし巻き玉子も出汁加減や塩加減、さらには火加減1つで、出汁が香ってふんわりした食感に仕上げられるかが決まるなど、腕前を上げる男性が急増しています。

女子力の高い男性が出現

“最近聞かれるように奈多女子力という言葉。
女子力というのは具体的に言えばお料理や裁縫、ファッションセンスや美容に関する知識やテクニックが高い女性のことを指します。
当然料理なんかが上手であれば男性からは好印象ですし、同性からもある意味憧れの対象となるといいことづくめです。
この言葉、以前は女性に対してのみ使われる言葉ですが、最近では男性に対しても使われるようになってきました。
実は女子力の高い男性が現れてきているのだそうです。
具体例を挙げると女性のように化粧品やアンチエイジングを気にするような食べ物を食べたりというようなお肌に対する関心が高かったり、料理でいえば、料理ができる男性は昔からいたりもしましたが、お弁当なんかでもカロリーを気にしているようなヘルシーなおかずだったり盛り付けも見た目もきれいになるように気を配っていたり、スイーツや甘いものにとても詳しかったり、差し入れで持ってくる甘いものが凝っているものだったりとさまざまです。
女子力が高いと女性と話す話題が自然と身に着けられるため会話がしやすいので盛り上がりやすく、女性と仲良くなりやすいというようなメリットがあります。
ただ一方でト君伊料理なんかがあまりにうますぎると女性から逆に嫉妬されてしまったりもします。
あくまでも露骨にアピールせずにさりげなくできることを見せて伊kr場女性からの印象は決して悪くならないはずです。
ある程度そういった能力を持っていることは好印象を与えるはずです。”

自炊する男性向けのレシピの特徴

一人暮らしを始めるにあたり、男性の多くが自炊する傾向にあり、男性向けのレシピ集などの料理本やサイトなども展開されています。男の料理の基本は、調理法が簡単であることが一番に挙げられており、焼くだけ・茹でるだけ・レンジでチンするだけなど、包丁を余り必要としない、あるいは洗い物を増やさない簡単さが重要視されています。さらに豪快さも挙げることができ、一皿で満足できる一品料理が人気を集めています。レシピでは一人前からの材料が紹介されているのも特徴で、魚や野菜料理よりも肉料理が好まれており、コスパも自炊では重要となり、材料費を抑えながらも本格的な味を求める傾向にあるためにプロの料理人が提供するレシピも人気を呼んでいます。食べる側から作り手となるため、料理初心者の場合には手順も重要となり、食材の切り方や段取りまでが本やサイトなどでは紹介されています。特に自炊では作り置きできる料理が支持され、カレーは不動の人気となっています。一度に大量に作ることができ、冷凍保存が可能であるだけではなく、入れる食材も冷蔵庫の中にある物だけで作れることやアレンジが利くこともメリットとして挙げることができ、飽きることがないために人気となっています。本格的にスパイスからルーを手作りすることも可能で、辛味も自由自在に加えられます。うどんを加えてカレーうどん、チーズを加えてドリア、ジャガイモを増やしてコロッケなどのアレンジレシピもオリジナルで作れるため、自炊は意外と男性から注目されています。

男子学生向けとなるレシピ

学業と同時に学費を稼ぐためのアルバイト生活を送る学生は意外と多く、親元を離れて自由で気ままな一人暮らしを経験している男女は増えています。その一方で、男子学生の場合には自炊に困っているケースも多く、近年では一人暮らしのための簡単レシピをまとめたレシピ本などが数多く展開されていたり、現代版となるネットから検索できるなど、自炊に着目した料理が家事を苦手とする男子にも利用されています。上手くローテーションすることで飽きることもなく、外食するより経済的で節約に繋げられるのも魅力となります。また節約目的で学校にお弁当を持参するケースも増えており、毎日のお弁当作りも意外と大変で、忙しい朝にもサッと作れるレシピも学生から支持されています。意外にも親元からお米だけは送られてくるケースが多いのも特徴で、お米料理は定番化しています。例えば、丼料理はガッツリ食べたい男子向けであり、調理手順も簡単でローテーションできる特徴を挙げることができます。和では親子丼やカツ丼、洋ではロコモコ丼やビフテキ丼、中華では麻婆丼や中華丼など、多彩な味と食材を用いることが可能です。またお弁当でも現在話題になっているのっけ弁レシピが男子から支持されています。お弁当箱にご飯を敷き、上に残り物のおかずを乗せていくだけの簡単さはもちろん、白いご飯が隠れるために見た目が豪華に見えます。さらにおにぎらずと呼ばれる具材をサンドしたおにぎりも手軽でありながら、カットした断面は華やかで、サンドする具材も生姜焼きなどの肉料理やきんぴらゴボウなどの野菜料理など、ご飯にマッチする具材が支持されています。