男性の自炊にお勧めの単純レシピ

自炊に男性も女性もありませんが、単純なレシピをいくつか用意しておけば非常に便利です。男性の場合、女性よりも食べる量が多くなりがちなので、できれば安くて単純で腹持ちの良いレシピを利用したいところです。そうした都合の良い自炊の基本はご飯です。パンや麺類を食べることがあっても、基本的にはご飯を中心としたメニューのほうが腹持ちもよく安上がりです。例えば、炊き立てのご飯に卵を混ぜて、これを納豆や福神漬け、柴漬けなどと食べるだけでも、肉とスパゲティ、レタス一枚だけの弁当などよりも多くの食品を摂取することができます。ご飯を炊く前に、炊飯器にグリーンピースや小さく角切りにしたサツマイモとニンジンなどを入れて炊けば、さらに多くの栄養素を取ることができます。ソーセージやハム、焼き豚などはそのまま食べられる物も多いので、野菜の炊き込みご飯と一緒に食べてたんぱく質も摂取するように心がけます。自然解凍で食べられる冷凍食品や冷奴、卵豆腐なども、調理をせずに食べられますから、そうした安価で栄養豊富な食品を上手に利用して品数も増やすことができます。

自炊する男性向けのレシピの特徴

一人暮らしを始めるにあたり、男性の多くが自炊する傾向にあり、男性向けのレシピ集などの料理本やサイトなども展開されています。男の料理の基本は、調理法が簡単であることが一番に挙げられており、焼くだけ・茹でるだけ・レンジでチンするだけなど、包丁を余り必要としない、あるいは洗い物を増やさない簡単さが重要視されています。さらに豪快さも挙げることができ、一皿で満足できる一品料理が人気を集めています。レシピでは一人前からの材料が紹介されているのも特徴で、魚や野菜料理よりも肉料理が好まれており、コスパも自炊では重要となり、材料費を抑えながらも本格的な味を求める傾向にあるためにプロの料理人が提供するレシピも人気を呼んでいます。食べる側から作り手となるため、料理初心者の場合には手順も重要となり、食材の切り方や段取りまでが本やサイトなどでは紹介されています。特に自炊では作り置きできる料理が支持され、カレーは不動の人気となっています。一度に大量に作ることができ、冷凍保存が可能であるだけではなく、入れる食材も冷蔵庫の中にある物だけで作れることやアレンジが利くこともメリットとして挙げることができ、飽きることがないために人気となっています。本格的にスパイスからルーを手作りすることも可能で、辛味も自由自在に加えられます。うどんを加えてカレーうどん、チーズを加えてドリア、ジャガイモを増やしてコロッケなどのアレンジレシピもオリジナルで作れるため、自炊は意外と男性から注目されています。