自炊は節約~本格料理風やちょっとしたこだわりも~

“ わたしは今年の5月に結婚したばかりの新米主婦である。夫は入社2年目でお給料が多くはないため、毎日節約に励んでいる。その中で最も力を入れているのが、食費の節約である。食費を節約するためには自炊が欠かせない。わたしは大学生まで実家暮らしであり、一人暮らしも1年しか経験がない。そのため、料理のレパートリーが少ないが、毎日自炊することを心掛けている。しかし、主人はあまり食費を節約することを快く思っていない。そのため、ちょっとした工夫で節約料理でも本格料理のように見せかけたり、安い食材にちょっとした工夫をしたりすることによって、主人に不快な思いをさせることなく食費を節約している。たとえば、市販のカレールーに少しだけクミンを加えることで、本格的なカレーになる。また、節約の味方である鶏胸肉は、塩水に漬けこんでおくことでお肉がしっとりし、胸肉独特のパサパサ感をなくすことができる。
 また、わたしは調味料にちょっとしたこだわりを持っている。それは、「化学調味料や添加物がなるべく少ないものを選ぶ」というこだわりだ。食費の節約のためには安い調味料を買うべきなのかもしれないが、家族の健康のため、調味料だけは化学調味料や添加物が少ないちょっといいものを使用している。これらのちょっといい調味料を使用することで、味が本格的にもなる。
 これからも食費の節約方法を勉強しながら、食費の節約を頑張っていきたい。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です