女子力が高い自分である為に。男受けする高度なお洒落は必要ない

“女性はいくつになっても綺麗でいたい、可愛くありたいと思っていると思います。私は今年35歳になりますが、最近更にそう思うようになりました。今現在結婚して子供が二人いますが色々な母親と交流する機会が増え、その度に思うようになりました。同じ年齢でも女子力の高い人や子育てに一生懸命になり女子力を忘れてしまっている人など色々な人がいます。
とは言え、独身の頃のように男受けするメイクや高度なお洒落をしたいと頑張っている訳では無く、 30歳を過ぎると年齢よりも若く見られたいとか、同じような年代の女性から見てこの人は女子力が高いと思われたいのです。20代は男受けをするお洒落を意識し、高度なメイクや服装を心掛けながら雑誌を見たりネットで検索したりしていました。今はあくまでも女性目線や自分の好きな格好で公共の場でも浮いて見えないお洒落を心掛けています。結婚して子供がいて、自分の事に費やすお金や時間が無くても、若々しくいたい、綺麗な自分でありたい。と思っています。”

女子力の高い男性が出現

“最近聞かれるように奈多女子力という言葉。
女子力というのは具体的に言えばお料理や裁縫、ファッションセンスや美容に関する知識やテクニックが高い女性のことを指します。
当然料理なんかが上手であれば男性からは好印象ですし、同性からもある意味憧れの対象となるといいことづくめです。
この言葉、以前は女性に対してのみ使われる言葉ですが、最近では男性に対しても使われるようになってきました。
実は女子力の高い男性が現れてきているのだそうです。
具体例を挙げると女性のように化粧品やアンチエイジングを気にするような食べ物を食べたりというようなお肌に対する関心が高かったり、料理でいえば、料理ができる男性は昔からいたりもしましたが、お弁当なんかでもカロリーを気にしているようなヘルシーなおかずだったり盛り付けも見た目もきれいになるように気を配っていたり、スイーツや甘いものにとても詳しかったり、差し入れで持ってくる甘いものが凝っているものだったりとさまざまです。
女子力が高いと女性と話す話題が自然と身に着けられるため会話がしやすいので盛り上がりやすく、女性と仲良くなりやすいというようなメリットがあります。
ただ一方でト君伊料理なんかがあまりにうますぎると女性から逆に嫉妬されてしまったりもします。
あくまでも露骨にアピールせずにさりげなくできることを見せて伊kr場女性からの印象は決して悪くならないはずです。
ある程度そういった能力を持っていることは好印象を与えるはずです。”